ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

御簾と牛車のディスタンス ~サン・ジョルディの日2021

ご無沙汰しております。

4月23日は、ユネスコにも登録されている「世界本の日」です。
親しい人と本を贈り合う サン・ジョルディの日

さっそく、ご紹介いたします。


『与謝野晶子の源氏物語』 (妙訳版)

yosanogenji


『源氏物語』
与謝野晶子
この二行だけでものすごいパワーではありませんか。
とにかく男前です。

なぞらえれば
「ああ 平安の野は 君もコクリコ われもコクリコ」
いえいえ、フランスではなく日本なのだから、コクリコは桜でしょうか。

その男前ぶりたるや、嫉妬のあまり生霊と化してしまう六条御息所でさえ美しい。
抑制のきかない自分を「あさましい」と恥じる姿が、なぜかカッコイイ!

私が好きな登場人物は花散里。
光源氏が、お気に入りの妻たちを住まわせるために爆誕させた六条院でも、花散里はその賢婦人ぶりが際立ちます。
容姿はイマイチとのことですが、他の方々がアイドルやパリコレモデルばりなのでしょうから、十人並みなのではないでしょうか。
本当に残念な感じだと、末摘花みたいに「鼻が赤い」とか、どこかのトナカイみたいにディスられますし。

妙訳版(ダイジェスト版)なのでサクサク読めるのも、本書の魅力。
あんまりにも「宮」が多いので「どの宮?」と困惑しても、少し読み進めれば分かります。

出家したいとか言ってるけど、自分でも「気が多いから無理」って分かってる光源氏に「ふふっ」と笑っていたら亡くなってしまって「あら~」と思ったり。

若者からは、宮中だと肩がこるし飲み足りないから二条院に行こう、などと二次会に使われたり。

「妻」のところから帰ったら「本妻」が雨戸まで閉めてガチギレしてるのに、なんだかのんびりしてる人がいたり。

本当に本当に、人間って変わらない。
そりゃあ、立場や時代で色々ありますけれど「心」の部分は変わらない。
平安の頃から人が人を想うことは変わらないのだなと強く思います。

良くも悪くもアグレッシブな人ばかりが目立つけれど、藤原惟光のように支えてくれる人があっての光源氏。
誰も彼も、迷惑をかけたりかけられたり。
想ったり想われたり。

「浮生は夢の如し」とは申しますけれど、そこにはギュッと詰まった日々があります。
そこからは「儚さ」よりも、「力強さ」「愛おしさ」を強く感じます。

そうやって繋がってきた「今」。
だから「大丈夫」。

今年に入って家族が救急車のお世話になったり、身内が入院したり、色々です。
私自身、体調を崩し気味で活字を追うのがしんどかったり。

でも、大丈夫。
自分に出来ることを見つけて、それを見つめながら過ごすのみです。

更新が更にゆ~~っくりになりますが、お付き合いいただけますと幸いです。
続く「今」をなんとか乗り越えましょう!



関連記事

| サン・ジョルディの日 | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog60.fc2.com/tb.php/580-5e6705e0

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT