ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『10月はたそがれの国』

夏の残りと冬の寒さの間の季節。
一年の黄昏時の季節。
それが、10月。

不思議な死がつきまとう粒よりの19編だ。
風、水、熱気……。
全て人知を超えたもの。
けれど、人間の残酷さがもたらす絶望もある。

「こびと」
「つぎの番」
「マチスのポーカー・チップの目」
「骨」
「壜」
「みずうみ」
「使者」
「熱気のうちで」
「小さな殺人者」
「群集」
「びっくり箱」
「大鎌」
「アンクル・エナー」
「風」
「二階の下宿人」
「ある老母の話」
「下水道」
「集会」
「ダッドリー・ストーンの不思議な死」


一番残酷だと思ったのは 「こびと」
取り返しのつかない“ちょっとしたこと”に、胸が痛くなった。

「つぎの番」 は、ブラッドベリお気に入りのメキシコの「死の祭り」を扱ったホラー。
こういう時の“直感”って、あらがえないのよね。
あらがえない怖さは 「大鎌」 も。
ザッ……、という音が耳に残る。

「マチスのポーカー・チップの目」「ある老母の話」 は人間の図太さにクスッと笑ってしまう。
図太さといえば 「ダッドリー・ストーンの不思議な死」 もそうなのかな。
被害者より加害者の方がかわいそう。

「使者」 はホラーかもしれないけれど、愛情に胸がぎゅっとなる。

そして、一番好きなのは 「アンクル・エナー」

“アンクル・エナー、みどりの翼をもって”

何度読み返したことか。
アンクル・エナーは、どんなハロウィンを過ごすのだろう。
きっと、みどりの翼で高々と……。

Happy Halloween!



関連記事

| レイ・ブラッドベリ | 00:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog60.fc2.com/tb.php/559-d4cc8026

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT