ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『奇譚を売る店』

――また買ってしまった。

主人公の同じつぶやきから始まる短編集。
つぶやくのは古書店を出たあたり。
なんともいえない、ため息と共に……。

主人公が“買ってしまった”のは以下の6冊。
古書店らしいのは本ではなく、パンフレットや資料集も含まれるところだ。


『帝都脳病院入院案内』
『這い寄る影』
『こちらX探偵局/怪人幽鬼博士の巻』
『青髭城殺人事件 映画化関係綴』
『時の劇場・前後篇』
『奇譚を売る店』



古本の面白いところは「想いが乗っているかどうか」だと思う。
全国チェーンで売っている古本、図書館の本、書店に並ぶ新しい本。
それらとは全く違う。
以前の持ち主の「想い」は勿論、店主の「想い」も乗っている。
その「想い」に振り回される主人公の気持ちが良く分かる。

だが、私ならこういう行動はとらないな~……。
そういう話しばかりだった。
ちょっと残念。


私も少し不思議な、というと大げさかもしれないが「買ってしまった」本に振り回された事がある。

それは1ページごとに花のイラストと簡単な英語が添えられた美しい本だった。
書き込みがあったけれど、古書店ではままあること。
それを面白がる人もいるくらいだ。

でも、その本は面白がってはいられなかった。
「乗ってる想い」が強すぎたのだ。
イギリスで出版されたその本は、どうやら誰かへのプレゼントとして贈られ、その誰かも何年も大切にしてきたような……そんな感じだった。
クセの強い筆記体で書かれ、それ以上はほぼ判読不明。

……いや、不明で良かったのだ。
私が持っていて良い本ではなかったのだから。
据わりが悪い。
その一言に尽きる本だった。

贈られた「誰か」は捨てるには忍びなくて捨てずに手放したのかもしれない。
手放したのは「誰か」が亡くなって整理されたからかもしれない。

きっと、私の役目は捨てること。
3日程手元に置いて資源回収に出した。

私にとっては、あまりありがたい出会いではなかったけれど、嬉しい出会いも沢山ある。
だからやっぱり「買ってしまう」のだ。






関連記事

| ファンタジー・幻想 | 06:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お邪魔します。。
私もその経験があります。
一番最後の裏表紙の前に、メモにしては長く、かといって丁寧な手紙と言うほどでもないメッセージが。確か、姉妹同士のやりとりだったような。。いい本だから、読んでみて、というような感じだったかと。自分が古本に出すのなら、パラパラと捲くってチェックするはずですので、私も思いました。もしかして遺品となり、家族がえいっとひとまとめに古本屋さんに出したのでは?と。
捨てる役目との判断素敵でした。
(私は手に入りにくい本だったので、今も大事にしていますが)
人様の想いは、時として重く負担ですよね‥苦笑

| しずく | 2018/10/03 21:10 | URL |

Re:

こんにちは。
コメントありがとうございます(^^)

本当に「なんで私のところに?」ですよね。
内容よりも気になってしまったりして(苦笑)
“人の念”“想い”のようなものは、しずくさんのおっしゃるとおり時として負担になるものですね。
同じ“想い”でもプラスの意味で「大切にされてたんだなぁ。よし、私も大事にしよう!」という本もありました。

新しい本も良いのですが、古書には内容+αの魅力があるように思います。
「奇譚」エピソードありがとうございました!

| リネ | 2018/10/04 22:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog60.fc2.com/tb.php/525-c41e16d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT