ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ギリシア神話を知っていますか』

これぞ「神話」。
人間が変わらず持ち続けている本能や精神が、ギリシャ神話にはある。

以前、劇団四季で上演された「アンドロマック」を観た。
自由劇場が出来てすぐだったから、もうずいぶん前の事だ。

亡きヘクトルを想い続けるアンドロマック。
気高い寡婦に恋するピュロス。
婚約者に裏切られたヘルミオネ。
恋する女の為に殺人を犯すオレステス。

本書では 「嘆きのアンドロマケ」 で触れられている。

片道の苦しい恋に抗えない理由を 「恋はエロスの戯れ」 に求めて読むのも面白いかもしれない。

また、「アンドロマック」は 『新トロイア物語』 の後日談のひとつでもある。

各章で名前が記されている、彼ら彼女ら。
それぞれが人間の業を表す。
物語の面白さは勿論、そのあたりの解釈についても楽しく分かりやすく読める。


「トロイアのカッサンドラ」
「嘆きのアンドロマケ」
「貞淑なアルクメネ」
「恋はエロスの戯れ」
「オイディプスの血」
「闇のエウリュディケ」
「アリアドネの糸」
「パンドラの壷」
「狂恋のメディア」
「幽愁のペネロペイア」
「星空とアンドロメダ」
「古代へのぬくもり」



恋や愛、罪と罰、贖罪……。
何よりエンタテインメント性が高いギリシア神話。
なんとなーく知っているけれど、という方も改めて「ギリシア神話を知っていますか」と自分自身に投げかけてみるのも面白いと思う。






関連記事

| 阿刀田高 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog60.fc2.com/tb.php/515-b1016133

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT