ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『私のギリシャ神話』

阿刀田氏のギリシャ神話愛溢れるエッセイ。
私もギリシャ神話好きの一人なので、本棚から出しては繰り返し読んでいる本の一冊だ。

紹介されているのは18の物語。

・プロメテウス---火を教えた神
・ゼウス--------ジュピターは博愛主義?
・アルクメネ-----ヘラクレスの母
・アプロディテ---愛と美の女神
・ヘレネ--------もっとも美しい女
・ハデス--------ギリシャの閻魔さま
・アポロン-------月桂樹は恋の名残り
・ペルセウス-----夜空にかかる英雄
・アリアドネ------私を連れて逃げて
・メディア--------毒草と恋ごころ
・オイディプス----運命の悲運の代表として
・イピゲネイア----生け贄の娘
・シシュポス------巨石を押し上げる知恵者
・ミダス----------黄金を愛したロバの耳
・ピュグマリオン---女神像を愛した男
・ナルキッソス----自己愛の始まり
・オリオン-------もっとも古い美丈夫



挿絵は、なんと世界の名画という豪華版。
ボッティチェリの「ビーナスの誕生」が、どーんと見開きで載っているのだ。

私自身、ギリシャ神話は子供の頃から名画と共に親しんできた。

特によく覚えているのがモラッツォーネの「ペルセウス」。
「ペルセウス、カッコイイ!」じゃなくて、「怪物カッコイイ!」と思っていたのは我ながらどうかと思うが……。
モローの「オルフェウス」は実物を鑑賞して、その迫力と情念に圧倒されたのを覚えている。

今回、『新トロイア物語』 の後でページを捲っていくと、また違った面白さを発見できて、改めてギリシャ神話の奥深さや魅力を実感した。







関連記事

| 阿刀田高 | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog60.fc2.com/tb.php/511-9a399ef2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT