ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『黒蜥蜴』(戯曲)

面白い!!
江戸川乱歩の原作から一歩踏み込んで、「女賊・黒蜥蜴」と「探偵・明智小五郎」の“知られてはいけない恋”が主軸に置かれている。
ケレン味をたっぷり利かせて、芝居としての妖しさを引き立てる。

三島由紀夫が楽しんで書いたというのが伝わってくるなぁ。
もちろん、原作ありきの大胆な演出なのだけれど、こうも味付けが変わるとは!

また、刺青の「黒蜥蜴」の理由も明らかになっている。
これがまた素敵!

組織内の階級の最上位が「爬虫類の位」なのである。
黒蜥蜴に認められる最上の誉れ。
“女王の気高さ”が刺青と夫人に宿る。

そして少女のような恋心と、女王の恋情。

でも心の世界では、あなたが泥棒で、わたしが探偵だったわ。

このセリフ、舞台で聞いてみたかったなぁ……。



さて、実は本書は戯曲に止まらない。

収録されている座談会、その名も「狐狗狸の夕べ」
このまま読んで大丈夫か?
呪われないか?


LvE

さあ、どうする?
どうする!?
……思わず『レベルE』のクラフトさんになってしまった。


だって、メンバーが凄い。

江戸川乱歩、三島由紀夫、芥川比呂志、杉村春子、松浦竹夫、山村正夫。

すでに、なんかでてる。
でてるでしょ。

ミステリ座談会なのに何故か怖いものの話になって、そのまた何故かコックリさんを始めてしまうのである。
まさに、「予想の斜め上をいく」を体現しているではないか!

三島が内田百閒の 『サラサーテの盤』 をしきりに怖がっているのもなんだか面白い。

この対談では何の反応もなかったらしいのだが、さしものコックリさんもビビッてでられなかったのではないかと思う。

他にも美輪様こと美輪明宏との対談など「三島版・黒蜥蜴」がぎっしり詰まった濃厚な一冊。
宝石「エジプトの星」より価値のあるお宝だ。





関連記事

| 三島由紀夫 | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog60.fc2.com/tb.php/494-6740ea25

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT