ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ファントム』

歳の離れた姉妹、ジェニーとリサ。
ジェニーが医師として開業している小さくて穏やかな町、スノーフィールド。
母親が亡くなった事を切っ掛けに、二人はそこで新しい暮らしを共に始めるはずだった。
年齢と同じくらい離れてしまっていた年月を、ゆっくりと埋めていく。
相性はバッチリ。
滑り出しは上々。
車の中での会話も弾み、楽しい生活の予感に包まれる。

しかし、リサを連れて帰ったスノーフィールドの町からは、忽然と人間が消えていた。
いや、ただ消えたのではない。一夜にして「あらゆる命」が消えていたのだ。
医師であるジェニーはまず、病原菌などの生物災害「バイオハザード」を疑うが、調べていくうちにその可能性は消えていく。

死体は、あったり無かったり。
恐怖と驚きに満ちた顔がオーブンに入っていたり……。
これが「災害」であるはずがない。
警察が到着してホッとしたのも束の間……更なる恐怖が襲い掛かる。

ジェニーは医師だけあって肝が据わっている。
妹を守らなければ、という想いもある。
例え遺体が親しい友人や知人だとしても、その想いがジェニーを支える。
そんな姉を尊敬し、自分を奮い立たせるリサ。
二人の心情が痛いほど伝わってくる。

駆け付けた保安官、ブライスのキャラクター作りがまた巧みで、たちまち頼りにしてしまう。

隔絶された町で起こる群像劇。
少しずつ明らかになる「敵」の正体。
「敵」からの要求。
そして……。


ページを捲るのももどかしい、と思う本はあるけれど、『ファントム』は“瞬きするのももどかしい”本だった。
緩急のつけ方が流石はクーンツ!
怖かったぁぁ……!





関連記事

| ディーン・R・クーンツ | 19:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ

初めまして~
グリムスから、時々、お邪魔しています。

近いうちに、グリムスの成長記をUP予定ですが
☆芽吹きの春キャンペーン☆の最終日を保存しそびれました…
リネさんのグリムスを見つけ、勝手に保存しています。
私の成長記に、画像を利用させて頂いてよろしいでしょうか?

| ネット | 2017/07/10 22:14 | URL | ≫ EDIT

Re:

初めまして!
わー、グリムスからいらして下さったんですね。
ありがとうございます。

私のグリムス画像、どうぞお使い下さい。
変な名前が紛れちゃいますけれどよろしければ(笑)
グリムスは季節感があって見逃せませんよね。
私もPCに保存して楽しんでます。

ブログを拝見して「牛タン」に目を奪われておりますv-10
さっそく数日先の昼食が決まりました(笑)

| リネ | 2017/07/10 22:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog60.fc2.com/tb.php/479-64c72d2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT