ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『鉱石アソビ Ishi-Asobi 』

「こんにちは」と、自分から声をかけて入る店が一軒だけある。
散歩の途中で見つけたストーンショップだ。

私は、そこに「原石」を探しに行くようになった。
なぜかアメジストに惹かれることが多い。
店主さんも、私が「原石好き」であることをご存じなので新しい石を紹介して下さる。

「これ、いいでしょ。でっかいけど」
「わー、いいなぁ。でもでっかい!これは置く所ないですよ。漬物石になる!」
「仕入れたのはいいけど困ってます」

そんな会話で笑いあったりする。
そして、私は手の中でころころと遊べる石を買って帰る。

いつも買うわけじゃない。
通い始めのころ、店主さんに「長時間居るのに、見てるだけですみません」とお詫びしたことがある。
でも「大丈夫、大丈夫。何時間でも居てくださいね」と言っていただけて、以来ずっと甘えている。
それに、こんな素敵な言葉を添えて下さった。

「すぐ見つけちゃったら、楽しくないでしょ」

そう。
すぐにフィーリングが合う石が見つかることもあれば、長時間居て見つかることもある。
これは説明しようのない感覚だ。


そんな日常のエッセンスになってくれるのが本書。
様々な角度からのスポットライトの当て方と、美しい写真の数々。
情報量が多いのに簡潔で読みやすい構成。

また、「鉱石」と書いて「イシ」と読ませる素朴な感覚が心地好い。
今まで読んだどの本よりも「イシと遊ぶ」ということを上手に伝えてくれている様に思う。

飾り方、オリジナルな標本づくり、鉱石ラジオ、鉱石絵具、鉱石アート。
クリスタルの中に見える不思議な景色。
ピルケースに鉱石を入れて持ち歩く、なんていうのは目から鱗だった。

ミネラルショーの案内や、上野の科学博物館などなど、鉱石と出会える場所も紹介されている。
なかでも「石と賢治のミュージアム」では自他ともに認める「石ぐるい」の宮沢賢治の世界が堪能できそう。

賢治作品でなくても、物語のなかはある意味、鉱脈といえるかもしれない。

メーテルリンクの『青い鳥』では、チルチルの帽子についたダイヤモンドを回して旅がはじまる。
グリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』では、森に連れられて行ったヘンゼルが目印に置いたのが白く光る石。
また、J.K.ローリングの『ハリー・ポッターと賢者の石』を連想された方も多いかもしれない。

私がつい思いだして笑ってしまうのは、モンゴメリの『赤毛のアン』での“アン・シャーリー紫水晶盗難疑惑事件”だ。
これは是非とも村岡花子訳でお読みいただきたい。

本当にいろんな角度から、どんどん鉱石と遊びたくなってくる本だ。

私にはアメジストと、もうひとつ、好きな鉱石がある。
ソーダ飴みたいな蛍石。
UVライトを当てると青く発光する「天空の城ラピュタ」の飛行石みたいな鉱石だ。
欠けやすく紫外線にも弱いため、普段は金平糖の空き缶に大事にしまってある。

この本で新しい遊び方を知って、次にお店に行くときはまた違った目線で見られるかもしれない。
そう思うと、とても楽しみだ。





【蛇足】
自分の部屋でペリドットをかざして「出でよ、ラムウ!」とかやったことがある。
バカである。
でも、そういう遊び方はどの本にも載っていないと思うので書いておく。


| 貴石・鉱石 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |