ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

4月23日は本を贈ろう! ~サン・ジョルディの日~

4月23日は本をプレゼントする「サン・ジョルディ」の日!

スペインのカタルーニャ地方では「赤い薔薇と本」をプレゼントし合うという、ちょっとロマンティックな日。

なぜこの日なのか、なぜ「赤い薔薇と本」なのかといいますと……。

薔薇はドラゴン退治で有名な聖ゲオルギオス(サン・ジョルディ)のシンボル。
そのサン・ジョルディが殉教した日がこの4月23日。
そして、かのシェイクスピアの命日が4月23日。

この二つが主に引き継がれて「本とバラを贈る日」になったのだとか。
「サン・ジョルディの日」は「世界本の日」としてユネスコにも登録されています。

Sant-Jordi-apr-23

さて、来るサン・ジョルディの日。
バラは気恥ずかしいけれど、せっかくだから本だけでも贈ってみるのはいかがでしょう?

といっても、本を贈るのはとても大変!


まず、相手の好みを知っていなければなりません。
現代の作家がいいのかしら?
作家は日本人?
翻訳ものはどうだろう?
複数の訳があったらどれを選ぼう?
装丁だって素敵なものがいいし。
やっぱり、せっかくプレゼントするのだから明るい温かい読後感があればいいな。
あんまり厚い本も気が引けるな。


ざっと考えるだけでも、本屋をウロウロする自分の姿が浮かびます。
本をプレゼントするということ。
それは、例えばワイン好きにワインをプレゼントするような難しさがあるのです。


さて、悩むのはこれくらいにして……。
まずは私が、このブログを読んでくださっている方に一冊プレゼントしたいと思います。
といっても、物理的にお贈りするのは難しいので、いつものようにご紹介になってしまうのですが。
それでも「サン・ジョルディの日」の一部になれればという気持ちです。



私からのプレゼントはこちら!

アン・フィリッパ・ピアス 『トムは真夜中の庭で』
Midnaight-Garden



ブログでもレビューを載せていますので、ご興味がありましたら是非どうぞ。

『トムは真夜中の庭で』

私は、このブログを読んでくださっている方の姿を見ることができません。
男性なのか、女性なのか。
年齢はいくつで、どんな本を好まれるのか。
ブログを読ませていただいている管理人さんは、ブログデザインや記事などから想像するだけ。

でも思うに、きっとファンタジーやSFなど、少し不思議な話を好まれる方。
そして、私くらいの年齢か、それ以上に大人の方。
そんな方が多いのではないかと考えながら、更新しています。

それでももし、あなたが十代だったら、この本を二倍楽しめることでしょう!
以下は私のレビュー記事からの抜粋です。


もし、この記事を読んでくださっているあなたが、まだ十代で、この本を「つまらない」と感じても、どうか本棚の隅に、心の隅に置いておいてみてください。
そして、「大人になった」と思える日が来たら、また、ふとした事で思い出したら、どうかもう一度読んでみてください。
素敵な体験をお約束します。




小学生から中学生くらいの年齢の方にプレゼントするにも、この本はオススメです。
大人が読んでも、いえ、大人が読むからこそ温かい気持ちが何倍も込み上げてきます。


日本ではなかなか馴染みのない「サン・ジョルディの日」。
これから一ヶ月、選ぶ時間はたっぷりあります。

読む楽しみから選ぶ楽しみ、そして贈る楽しみ。
普段は個人的な趣味の「読書」ですが、いつもとは趣向を変えて、この機会にもっともっと「本」を楽しみませんか?

| サン・ジョルディの日 | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT