ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ハプスブルクの宝剣』

アイデンティティーや自己の確立というものは、程度の差はあれ、誰しも痛みや迷いを伴うものだと思う。
少し前に流行った言葉だと「自分探し」だ。


エリヤーフーの場合、それは個人的なことで済むものではなかった。
時代が18世紀であったこと。
そして何よりも、彼がユダヤ人であったこと。

幼い頃から非凡な才能を発揮していたエリヤーフーは、少年期から青年期をベネツィア共和国で過ごした。
それは宗教的指導者「ラビ」になる為の修業の一環としての留学。

しかし、周囲の期待に反して彼が得たものは「自由」と「和合」の精神だった。

ユダヤ人が差別される不平等な時代。
馬車道を歩かねばならず、決められた区画で、決められた範囲の職業にしか就けなかった時代。
エリヤーフーは己のアイデンティティーを守るために「和合」を捨てて「自由」に賭けた。
片目を失っても、名をエドゥアルトに変えても、改宗してさえも、改めて生きなおすことを決意したのだ。

そんな彼を救ったのが、ロレーヌ公子、後の神聖ローマ皇帝フランツ・シュテファンである。
デドゥアルトを「エリヤーフー」と知りながら保護し、親友とする大胆さと分け隔てない心に惹きつけられる。

フランツの共犯ともいえる側近、ジャカンとヴァランタンの二人が、歴史上の人物「フランツ・シュテファン」像に厚みを持たせる役割を担う。

ジャカンは洒落者で財政管理に長けるという側面を。
ヴァランタンは古金貨蒐集家という学者的な側面を。
この二人を配置することで、フランツの陽気で快活な人間的魅力にスポットを集中させているのは流石だ。

そして、エドゥアルトが恋し、また愛された女性。
フランツと婚約中で、まだ夢見る少女、後のハプスブルク女帝マリア・テレジア(テレーゼ)。


Maria-Theresia


結婚をしたマリア・テレジアが戦争の最中次々と出産していたという史実に、私はずっと首をかしげていた。
そんな余裕があるのかしらね、と。
しかし、本書を読んで「愛」が必要だったのだと分かった。
権謀術数渦巻く宮廷で神経を尖らせ、父親から譲り受けた領土を次々と奪われる心細さと屈辱に、愛を求めずにはいられなかったのだろう。


作中では愛憎の念が入り混じるエドゥアルトへの想いをフランツにぶつけるテレーゼ。

ポーランド王位継承戦争で歴戦の強者オイゲン公(プリンツ・オイゲン)の命を救ったエドゥアルトは「ハプスブルクの宝剣」の名を与えられる。
また、この戦で己の写し鏡の様な野望を持つ、プロイセン王太子フリードリヒ2世と出会う。

オイゲン公の後継者、竜騎兵連隊長ルートヴィヒ・アンドレーアス・フォン・ケーフェンヒラーも登場し、そうそうたる顔ぶれだ。
それぞれのバックボーンがしっかりと描かれ、多角的な視点でそれぞれの登場人物像と時代背景を固めている。

野望と攻撃的な大胆さを描くのは、藤本ひとみ氏の得意とするところ。
読んでいてゾクゾクするような熱気と疾走感がたまらなく面白い。

特にフリードリヒ2世と対峙した後のエドゥアルトの再生と、恋する女「テレーゼ」から女帝「マリア・テレジア」へと目覚める過程が鮮やかに、力強く描かれる。

読了後、「ハプスブルクの宝剣」が存在しなかった、とは思えなくなるほどに。




| 藤本ひとみ | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT