ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『風光る 藍染袴お匙帖』

「ただしイケメンに限る!」と言ってしまっては、ちょっとイジワルか。

市川由衣ちゃん主演で2010年に放送された「桂ちづる診察日録」(NHK)の原作。
役者陣の好演もあって、毎回楽しく観ていた。


キリリとしたちづる先生
chizuru


それなりに期待して読んだ原作は、なんだか残念だった……。

まず、千鶴先生が万能すぎる。
所謂「チート」に見えてしまって感情移入が難しい。
本道(内科)はもちろん、シーボルト仕込みの外科を習得し小太刀の使い手でもある。
美人なのは言うまでもない。
危険な目にあっても、イケメン旗本の菊池求馬が助けてくれる。
ドラマの方は設定は同じでも、そそっかしかったり惚れっぽかったりと、もっと身近に感じられた。

訪ねてくる同心の浦島の性格に問題ありとはいえすげなくして、「求馬さま」を頼って忙しい診察の合間に出かけていくのもなんともいえない。
もう少し「江戸時代の医療」方面を描いてくれていたら興味も湧いたかもしれないが、そういう記述もあまりない。

期待が大きすぎたのかしら……。
ドラマの方をノベライズして欲しくなってしまった。




| 時代物 | 19:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT