ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『悪魔が来りて笛を吹く』

金田一シリーズのなかでも、屈指のドロドロさではないだろうか。

今回の依頼者は、その椿元子爵の令嬢、美禰子。
なんともはや気丈なお嬢さんである。

依頼内容は、父の椿“元”子爵について。
“元”とつくのが斜陽感たっぷり。
そして、暗く落ちる“戦争”の陰。

美禰子の話しでは自らが作曲した、あるフルート曲を残して父である元子爵、椿英輔が自死を遂げた。
そのフルート曲こそ「悪魔が来りて笛を吹く」。

ドスぐろい血のにじみ出るような、呪詛と憎悪のメロディーなのだ。

しかし、椿英輔は死体確認後も目撃されていた。
愛用の黄金のフルートと共に。

父は本当に死んだのか。
自分に残されたメッセージ、そして曲をどう受け止めればいいのか……。
それが今回の依頼内容だ。

呪詛から浮かびあがる「火炎太鼓」の謎。
そして、椿子爵が見た「悪魔」とは?

滅びゆくアッシャー館を連想させるような、焼け残った椿邸もシンボリックだ。

----------------------

さて、ここからは作品のレビューとずれるが、全く関係がない事柄ではないと思うのでご容赦頂きたい。

私の大叔父は男爵だった。
当時は宮内庁からのお許しがないと結婚が出来なかった時代だ。
桐の箱に入った文書を見せてもらったことがある。
戦後“元”男爵となり、女中さんがいて、大きな犬を飼っていて、朝はトーストという生活。
一見優雅に思えるが「家より貧乏」だったらしい。
我が家の隣に住んでいたのだが、私が生まれる頃には土地を手放して郊外に引っ越してしまっていた。
斜陽そのものである。

しかしながら、私の親戚はやたらに陽気で、戦争中も戦後も「家は焼けちゃったけど生きてるからいいや」でやってきたようだ。
今も割と色んな事を「あっけらかん」と話してくれる。
だから、戦争当事者の話しが聞ける最後の世代として頭に叩き込んでいる事柄が多い。
そのひとつが「男爵」である。

戦後の没落貴族を身近に感じる一人としては、作者と別の意図で感慨深さを感じてしまう一冊なのである。





| 横溝正史 | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『八つ墓村』

ああ、金田一耕助は、なんのためにやってきたのだろうか。

うん、本当に何しに来たんだろうね。
他の事件の帰りに寄った。
それだけである。
ほとんど出番もないし。

あのモジャモジャ頭の、風采のあがらない、いくらかどもるくせのある、小柄で奇妙な探偵さんが現れなかったら、私の命はとっくになくなっていたにちがいない。

しかし、物語の主人公で、記述者でもある辰弥はこうも述懐している。
まぁ、確かにそうかな……とも思う。
辰弥くんがそう思うならいいや。


金田一耕助シリーズはずいぶん読んだ。
他にも『真珠郎』や『髑髏検校』なども読んだ。
それでも、やっぱり一番面白いのは『八つ墓村』である。

映像化等で、犯人もなにも全てが有名すぎるので、ストーリー紹介はさわりだけにしよう。
これも必要ないかもしれないが。


八つ墓村。
岡山県に位置する、この、おどろおどろしい名前の由来は戦国時代まで遡る。
尼子の落人、八人が毛利から逃れて来た事から……。

村人たちは始め、落人をかくまい、一見穏やかな日々が続いていた。
しかし、毛利の落人狩りが激しくなり、村人の心も揺らいできた。
そこで更に村人の心を掻き立てたのが「金貨三千両」である。
尼子再興の為に隠された金貨を目当てに、気を許していた落人八人を惨殺するに至る。
結局、金貨は見つからず、八つ墓村には「八」にまつわる呪いだけが残った。
人々は怖れ、八人の首級を「八つ墓明神」として手厚く葬った。
それでも祟りは収まらない。
時代が昭和に移ってからも……。


この物語は辰弥の自分探しの冒険だ。
出生の秘密。
守り袋に入った謎の地図。
村の地下に張り巡らされた鍾乳洞。

面白い!

もう有名過ぎて、どこからがネタバレなのか分からないので、私がよくやる「八つ墓村遊び」でお茶を濁そうと思う。

それは「勝手にキャスティング!」
これがね、面白いのよ。楽しいのよ。

現在固まっているのはこうだ。(敬称略)

金田一耕助:松山ケンイチ
寺田辰弥:神木隆之介
森美也子:仲間由紀恵
濃茶の尼:白石加代子

このへんは決定。
双子の老婆は菅井きん、かなぁ。
典子が出てこないんだよ、典子がっ!!

このあたりで行き詰まると、私は「ハリウッド版」を考え始める。
が、すぐ終わる。
ジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーターで全部いける。
若返ってもらったり、老けてもらったりは必要だがOKだ。


今回、久しぶりに読み返して、純粋に面白かった。
自分でねつ造したと思われるセリフ等もあった。
あのセリフ、ないぞ……?
この描写はもっと詳しくなかったっけ……?

それだけ、この物語は読者の想像を掻き立てるのだろう。
面白い作品は面白い。
これに尽きるのである。





やーっぱり、装丁は杉本一文氏のコレでしょう!
私の本棚にも安置されておりますぞ。

yathuhakamura

| 横溝正史 | 16:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |