ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『アイヌ民族』

イランカラプテ!(こんにちは!)

本書は物語形式でアイヌに触れることができる。
息づいている登場人物たち。
ハルコロ、という名の少女をとおして描かれるアイヌの美しい世界は魅力的だ。

子供のころには醜い名前をわざとつけて、禍いから遠ざけるという習慣。
イオマンテの祭りの賑々しさ。
喜び、悲しみ。
神々と生き、村同士の争いは徹底的に討論で解決するという生き方。
対して、村を襲う一団の襲来の緊迫感もある。

千里眼を持つというアイヌのシャーマン。
特にシャーマンを兼ねるお産婆さんのインパクトが凄い。

年頃になると女性が施す刺青。

「ピリカ?(私、綺麗かしら?)」
そう訊ねる年上の少女の、ピンク色に染まった頬の色までが見えるようで。

喜怒哀楽豊かな、純粋な生き方に強く惹かれる。

本を閉じたとき、大自然のなかに身をおいているような感覚が残った。
大地に抱かれているような安心感。


ちなみに、私も学生の頃お世話になった雑誌『non-no』。
この「ノンノ」はアイヌ語で「花」という意味からつけられたのだそう。
他に、身近な日本語では「ラッコ」や「トナカイ」もアイヌ語からきている。
遠いようで身近な存在なのだ。

言葉は文化だ。
どんなに迫害されても、滅びないものはある。
DNAの中に連綿と培われてきたもの。
心を強く引き付けるもの。
昨今流行りの「ロハス」なんて、その最たるものではないかしら。

勿論、そこには「滅ぼさせない」と、強く守ってきた人々の苦しい歴史があるのも忘れてはいけない。
そのお一人である知里幸恵さん。
美しい文体が光る名著、『アイヌ神揺集』 も併せて、是非どうぞ。





| 国内外の文化など | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ヤノマミ』

最初はまるで観光気分。
日常を離れて湿気を含んだ広大な森の中へ。
安全な場所、清潔で居心地の良い場所からコーヒーを飲みつつ、原始の生活を垣間見る。
机の上の「浄水器のカートリッジを買う」なんてメモを見て、自分を笑ってみたりして。

しかし、読み進めるにしたがって、そんな余裕は全く無くなる。
「圧倒的な生命と死」の前に消え失せる。

広くて遠いと思っていたアマゾンの森が、あまりに小さくはかないと知って。
私が居心地が良いと思っていた「文明社会」が怖ろしくて。

本書は10年近くの交渉の末に命がけで実現したドキュメンタリである。
NHKスペシャルでも放送されたので、ご覧になった方もあるかと思う。
それは、難産の末に産み落とした赤ん坊の命を母親がとりあげる、というショッキングなカットから始まる。

【NAVERまとめ】生と死について考えさせられる…。ヤノマミ族の風習『赤子の精霊返し』

実のところ私は「ちゃんと」観ていない。
情けないのだが、観る度胸がないのである。
自分の中の「何か」がこれ以上揺す振られるのが怖いのだ。

だがそんな「風習」も風前の灯だという。
いや、風習どころか、このヤノマミという人たちが、だ。

国が豊かになることは素晴らしいことだ。
良い意味で世界が小さくなる。
知らないことを知り、行きたいところへ行き、学ぶことが出来る。

しかし、「豊か」とは何か。

ブラジルはサッカーW杯とオリンピック開催を前に、インフラ整備、貧困や教育と問題が山積しているようである。
思えば日本も敗戦後に通った道だ。
東京オリンピックと大阪万博。その陰で、消えたものはなんだったろう。
そのもっと前の近代化の波の陰では……?

『アイヌ新謡集』 の心が浄化される様な、哀しくなる様な「序文」を思い出さずにはいられない。

しかし、国が発展することは最早止められない。
ヤノマミの穏やかな暮らしを願うしかない……と思う。
何が「良いこと」なのか、既に私は揺れているのだ。

単行本で読んだので、文庫版の追記は衝撃的だった。
ヤノマミの集落の一つが、ヘリコプターでやってきた男たちによって虐殺されたというのである。

【HONZ】『ヤノマミ』文庫版追記 by 国分拓

安穏とした生活に溺れて気付かないことが、まだどれだけあるのだろう……。



文庫版



単行本




TV放映できなかったシーンを加えた劇場版(放送文化基金賞優秀賞受賞)
日本コロムビア:ヤノマミ~奥アマゾン・原初の森に生きる~[劇場版] トレーラー映像あり


| 国内外の文化など | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ことば百科 絵でみるモノの数え方事典』

パラパラ見ているだけで面白いー!
日本語って難しい…というか、バリエーションが豊富なんだなーと改めて実感。

例えば「海老」ね。
魚屋さんとか鮮魚売り場で売ってる時は「一尾」。
でも、海で泳いでる時は「一匹」。

だって、
「一尾の海老が…、産卵しています…」(語り:立松和平)
なーんてナレーション聞かないもんねぇ。

しかも、この本によると「一折(ひとおり)」という数え方もある様だ。
これはどういう時に使うのかしら…?
なんだか高級そうな感じ。

「鮭」も「一匹」「一本」「一尾」「一尺/隻(いっせき)」と四通りある。
切り身にしたら「一切」だしね。

日本語って、奥が深いなぁ。



| 国内外の文化など | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT