ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

空飛ぶダグラス・アダムス ~サン・ジョルディの日2017

毎年「とっておき」の本をご紹介する サン・ジョルディの日

今年の4月23日は折しも日曜日!
大切な人へ、ご自分へ、プレゼントを探しに本屋さんへ行くのはいかが?

さて、今年お贈り致しますのは……



ダグラス・アダムス/マイク・カーワディン
『これが見納め -絶滅危惧種の生きものたち、最後の光景』


last-chance-to-see




著者は熱狂的なファンを持つ『銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズで知られるSF作家。
そして、モンティ・パイソンのスケッチをグレアム・チャップマンと共に執筆している脚本家。

思いっきり余談だが、私は「空飛ぶモンティ・パイソン」の第2シリーズ「バカ歩き省」が好きだ。
天気の良い日に散歩していると思わずバカ歩きしたくなる……けど、やらないよ!!

本書との出会いは動植物に関するコーナーを バカ歩きしながら ブラブラしていた時。
「ん?」と目を引いたのはタイトルではなく、著者名だった。
場違いな……というのが失礼にも正直な感想。
いや、彼に対して何が失礼に当たるのかよく解らないけれども。


本書はダグラスが動物学者のマーク・カーワディンと共に、絶滅危惧種を「これが見納め」とばかりに見に行くという不謹慎な(?)ルポルタージュだ。
世界中を旅する様は、まさに「空飛ぶダグラス・アダムス」なのである。
写真も、噴き出さずにはいられないキャプションつきでたっぷり載っている。

こんなに深刻なテーマなのに、全ページが笑える。
笑えないページが本当にない。
人前じゃ読めない。
ホントに。




「棒切れテクノロジー」 アイアイ(マダガスカル島)
このアイアイとの出会いこそが旅の始まり。
アイアイを目にしたとたん、アダムスは「一気に時間を遡り、原始に還ったかの様なショックを受けた」と記している。
この感性こそが、本書の根幹だ。


「ここにチキンあり」 コモドオオトカゲ(インドネシア コモド島)
前半、コモド島に着く前の大胆不敵な冒険旅行に大笑い。
一転、後半のコモド島での出来事には血が凍るような思いがした。
コモド島で一番おぞましいと感じたのは人間だったから……。
しかし、コモドオオトカゲにヤギを与え、それを食べさせる場面を見せるという「ショー」が保護活動の資金となっているのも事実。
消える一つの命を笑いながら写真に撮る観光客。
ショーの後、マングローヴの木の傍に腰を下ろし、「わたしはふいに、ものすごく歳をとった様な気がしてきた」というダグラスのやりきれない思い。
その、身体から力が抜けていくような感覚が、とてもとても伝わってきた。


「豹皮のピルボックス帽」 マウンテンゴリラ/キタシロサイ (ザイール)
ザイールでまずアダムスを出迎えたのは豹の一部。
ザイール共和国大統領の頭を飾る豹皮のピルボックス帽の写真だった。

そして、野生のマウンテンゴリラとの出会い。
ここでダグラスは、出会ったシルバーバックに「確かな知性」を見る。
その後では人間といる方がイラつきを感じる程に。

キタシロサイは、密猟によって絶滅の危機に瀕している。
1980年に1000頭、5年後には13頭、2006年には4頭……。
その後、野生の個体の目撃は無いという。
「密猟」は人間という存在を最も忌まわしく、嫌悪させる言葉のひとつだ。
ダグラスが見た「ハイエナとケンカしているサイ」は、まさに「見納め」だったのだ……。


「夜の鼓動」 カカポ (ニュージーランド スチュアート島/コッドフィッシュ島)
鼓動、とはオスのカカポが行うブーミングという求愛の声。
声というにはあまりに低音。
そして、3か月間毎晩7時間聞こえる事もあるという。
カカポ捜査員に抱かれるカカポの姿は「聖母子像のよう」な神聖さが写真からも伝わってくる。

現在では肉食獣の少ないスチュアート島やコッドフィッシュ島へ移される保護活動が行われているが、安心できる状況にはない。


「盲目的恐怖」 ヨウスコウカワイルカ (中華人民共和国 揚子江(長江))
本書のなかで唯一保護活動が実現に至らず、「絶滅」という見方がされている。
プロジェクトはあった。
だがそれは天安門事件の前だったのだ……。
プロジェクトが、その一連の事件の渦に飲み込まれたのは想像に難くない。

水中の音を録音する為に“あるもの”を調達しようと奮闘し、蛮勇をふるうくだりは噴き出さずにはいられない。
しかし、水の中はそんな「奮闘と蛮勇」が虚しく思える程の環境だった。
耳をつんざく音、呼吸する度にさらされるスクリューの危険。
身も凍るような世界。
そんな揚子江において、ヨウスコウカワイルカがさらされている環境を知ったダグラスとマイクは、こんな会話をする。
以下はその要約だ。

「盲人がディスコで暮らしたらどうだろうって想像したんだ。ディスコっていうより、複数のディスコが競争で騒音を鳴らしてるところって感じかな」

「それよりもっと酷いんじゃないかな。イルカは音を使ってものを見るんだから」

「それじゃ、耳の聞こえない人がディスコで暮らすようなもんだね。だって、ストロボ光やレーザー光線だらけじゃないか。いつも情報の混乱が起きてるわけさ。一日か二日したら完全にわけがわからなくなって、方向感覚も失っちゃって、家具につまずきだすだろうね」

「それに、下水とか化学物質とか工業廃水とか合成肥料の問題もある。揚子江に排出されてて、水や魚が汚染されてるんだ」

「ということは、半分目が見えないか、半分耳の聞こえない人が、ストロボ光のショーをやってるディスコで暮らしてて、そこではトイレはあふれてるし、天井や通風機のファンがしょっちゅう頭に落ちてくるし、食べ物は傷んでるわけだね。きみならどうする?」

「管理会社に苦情を言うだろうね」

「イルカに苦情は言えないよ」




「レア(まれ)か、ミディアムレア(ややまれ)か」 (モーリシャス島/ロドリゲス島)
ロドリゲスオオコウモリは「ミディアムレア」。
ピンクピジョン、モーリシャスホンセイインコ、モーリシャスチョウゲンボウは「レア」。

「レア」を守る為に「ミディアムレア」には構っていられない。
モーリシャス島とロドリゲス島は、保護官にとって戦場の最前線のような場所だ。

保護官の一人はこう言う。

「ロドリゲスオオコウモリは何百匹もいるんだ。野生のモーリシャスホンセイインコは十五羽だ!こういうのを珍しいと言うんだ」

何百匹 いる。
十五羽 しか いない。
百単位で、「たくさんいる」。恐ろしい言葉である。
だが、これが現実なのだ。


最後に、リチャード・ドーキンスによる「序文」を引用させていただこう。

深刻なテーマだからこそ笑いの力を感じさせる、愛すべき、愛すべき一冊。


笑いと優しさ、全ページが心の琴線に触れる抱きしめたくなる一冊を、2017年のサンジョルディの日に。
愛すべき、愛すべき森羅万象に、ありったけの敬愛を込めて。







| サン・ジョルディの日 | 08:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年 今年の一冊!!

暮れも押し詰まってまいりました。
今年はなかなか更新ができず、いらしてくださった皆様には申し訳ありません。

というのも、……しんどかった……。
余裕がなかった……。
私にとっての2016年は、なかなかしんどい年でありました。
漢字一文字で表すなら「」。

そんななか、救いはやっぱり読書。
いつもよりも多く読めたのですが、アウトプットする力がなく、来年に持ち越しです。

それでも書けた記事のなかから今年の一冊を選びます!

ではいきます!
ドラムローーーーール!
ダラララララララララ~~~~~~~…………

じゃんっ!





ジェイムズ・P・ホーガン 『ガニメデの優しい巨人』

Ganymede-G-min





読んで良かった。
出会えて良かった。
<巨人たちの星>シリーズ全体に対して、そう思います。

旅人に尋ねてみた どこまで行くのかと いつになれば終えるのかと
旅人は答えた 終わりなどはないさ 終わらせることはできるけど
                                 
                    「アゲハ蝶」 ポルノグラフィティ



まさにその旅を見せてくれた、愛しい登場人物たち。

記事のアタマに歌詞を挿入する、という工夫もシリーズのレビューを通してしてみました。
その一つに聖飢魔IIをもってこられたのは信者(ファン)冥利に尽きます!(笑)


私自身にとっても、嬉しい出会いがありました。
書評コミュニティ【本が好き!】さんに参加できたことです。

今まで知らなかった読書の楽しみ方、本へのアプローチの仕方、ブックレビューの書き方。
勉強になる、というと少し堅苦しいかもしれませんが、魅力に溢れた世界の扉が開けました。
お誘いくださいました編集部の和氣さん、改めましてお礼申し上げます。

今までご紹介してきた本のなかで、特に魅力的な本を
「Select Books」
としてブログの左側に表示しています。
「ええぃ!てっとり早く面白い本を出せい!」という場合、どうぞご活用下さいませ。
私のセレクトしたものにピンとこなくても、沢山の書評のなかから読みたい本が見つかること請け合いです!


違う世界に飛び込むこと。
それを、地球人のヴィクター・ハントから、ガニメアンのガルースから、教えられた気がします。
世界に果てなどないこと。
挑む勇気。
そこには、テューリアンのカラザーの様に、待っていてくれる存在がいること。
それが、一度限りの出会いでも、一生続く出会いでも。
<巨人たちの星>シリーズは、出会いの素晴らしさを感じながらレビューを書きました。

ジェイムズ・P・ホーガン
『星を継ぐもの』
『ガニメデの優しい巨人』
『巨人たちの星』
『内なる宇宙』



私は一期一会の出会いが大好き。
聖飢魔IIの黒ミサ(LIVE)でお隣になった方、お話しさせていただいた方たちは、今頃どうしていらっしゃるのかなぁ。
活動絵巻教典(ブルーレイやDVD)をご覧になっているのは間違いないな、うん。


こうして、ブログに来て下さった方々との出会いも勿論大切です。
特に記事への【拍手】は、とても、とても励みになります!!
ありがとうございます

改めて感謝の気持ちを込めつつ、今年最後の更新です。


2017年が光に満ちた年になりますように。
大切な物語との出会いがありますように。
心からお祈り申し上げます。

良いお年を!







| 年末総括(本・映画・演劇) | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

36色の"Secret Garden"を ~サン・ジョルディの日 2016

来週4月23日は サン・ジョルディの日

ユネスコにも登録されている 「世界本の日」 です。
大切な人、身近な人と本を贈りあう特別な日。
勿論、自分へのプレゼントもOK!

私からは毎年とっておきの一冊をご紹介したいと思います。


今年のプレゼントは コロリアージュ

Johanna Basford 『Secret Garden』

secret-garden



数年前から流行していた「大人の塗り絵」が、またブームになっています。
その火付け役となったのがこの本です。

日本版と海外版では、表紙も紙質も違いますのでご注意を。
私はあえてペーパー・バックを選びました。
黒い線に金の箔押しがシックでおしゃれ。
下地がクリーム色の紙は「ふわっ」としていて、余白があまり浮かない気がします。

ただ、印刷された国によっては線の部分のつぶれもあるようです。
私の本はオランダ製ですが、あまり気になりませんでした。


本書のタイトルでもあるバーネット作『秘密の花園』は、子供の頃から大好きな本です。
何回読んだか分からないくらい。

では、ここで少し物語をご紹介をしておきましょう。

舞台はインドがイギリスの植民地だった頃。
インドで生まれたメアリーは、両親からの愛を受けられず、ばあやの元でわがまま放題に育ちました。
彼女が10歳になった時コレラが蔓延。
孤児になったメアリーが引き取られたのは、イギリスのヨークシャーに住む親戚の家。
お屋敷の主、クレイブン氏は体が弱く、また10年前に亡くなった妻を想い続ける陰鬱な毎日を送っています。
一方、メアリーは沢山の部屋と沢山の果樹園や花園を冒険しながら、子供らしい明るい少女に変わっていきました。
緑いっぱいの果樹園で、メアリーは一羽のコマドリと仲良しになります。
ある日、コマドリが地面をつついていたかと思うと、そこには鍵が。
そして、サァッと風が吹いたかと思うと、壁を覆っていたツタの影から、まるで招いているように扉が現れたのでした。

それが、このお屋敷の「ひみつの花園」。
開けてはいけない扉を開けて、メアリー、ディコン、コリンによる花園作りが始まったのです。



ただし、このコロリアージュが物語に則しているかというと、そうでもありません。
虫の標本箱の様なページがあったり、植木鉢の上が空白で「あなたが想像するトピアリーを描いてみましょう」なんてページがあったり……。

まぁ、「どうしようかな」と思案するのも楽しみどころ。
動物のお世話係のディコンとメアリーが庭を美しく変えるように、工夫してみるのも一興かと思います。



さて、こちらが私だけの「秘密の花園」の入り口。


my-garden


画材には疎いので、私が使った物をご紹介します。

36色のトンボ色鉛筆は柔らかく色を混ぜることが出来てお気に入り。
あると便利なのは、細かい部分も消せるノック式で細身の消しゴム。
鉛筆削りは100円ショップで買ったものを使っていますが、小さいので削りくずがすぐいっぱいになってしまうのが難点。
何でも大丈夫だと思いますが、電動式だけはお勧めしません。

塗りながら使いやすい道具を探してみるのも楽しいかもしれません。
コマドリが教えてくれた鍵と扉のように。


  



日本のバージョンはこちらです。
下地の紙は白。





昨年ご紹介した、フィリパ・ピアス作 『トムは真夜中の庭で』 もタイトルのとおり、四季折々の素敵な庭園が想像力をかきたてます。
こちらも、ある意味「秘密の花園」。


36色の色鉛筆で作る私だけの花園。
その完成がいつになるかは分かりません。
ですが、物語に思いを馳せながら、お屋敷に閉じこもるクレイブン氏を、あっと言わせるような、明るい場所を創造して楽しいんでゆきたいと思います。



物語の世界を楽しみたい方には、こちらをプレゼント!
ムーアのなかで、夢見るような緑に包まれたお屋敷の暮らしを、どうぞ楽しんで下さいね。




| サン・ジョルディの日 | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT