ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ガセネッタ&シモネッタ』

通訳者は、誰しも多少の差はあれ、ガセネッタ・ダジャーレでありシモネッタ・ドッジなのかもしれない。


ひたすらに他言語を日本語に訳する通訳者の皆様。
プライベートでは下ネタとダジャレで遊びたくなるのが常らしい。

言語の楽しさ、面白さ、怖ろしさ。
米原姐さんは、それを非常に分かりやすく伝えてくれながら、ちょっと背筋が寒くなるような事も教えてくれる。
例えば、少数民族の教科書と辞書をも自国語に訳す計画経済化のロシアとか。
日本が誇る『源氏物語』『平家物語』は勿論、『大宝律令』までロシア語版が存在するというのだから恐るべし。

言葉は文化だ。
図書館に収蔵するのではなく「計画経済」というと、文化をまるっと取り込まれるようで恐ろしい。

文化、という面で反対に心強く思ったのが「ことばは生き物」「流行りことばも認めようよ」というくだりだ。
ことばの乱れと言われるが、それもまた表現。
改めて、ことばのプロフェッショナルに言われると安心する。
ヤベェ~米原姐さんマジパネェ!!
……まぁ、TPOをわきまえるのが大前提ですが。

ただ、間違いは気になる。
最近気になって仕方ないのは「少しづつ」。
正しくは「少しずつ」だ!
NHKでまで使い出したからモヤモヤが止まらない。もう諦めるしかないのか……。

それから、ジェンダー。
日本語にある「男ことば」「女ことば」は人格形成に顕著にあらわれる。
今なら「オネェことば」も入るのかしら。
一人称からして様々ある日本語って本当に奥が深い。

読書をしていると、言葉狩りの怖さも身に染みる。
差別するのは「ことば」ではなく「発する人の気持ち」なのだから。
だから、ついつい古本に手が出てしまうのだ。
「言霊」というくらいで、作者の意に反して直された語は薄っぺらで、魂は宿っていないからね。

背景を知って、「使うべき言葉」を責任をもって取捨選択できるようになりたいものですわね。

それでは、また。
ごきげんよう。





| 米原万里 | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『パンツの面目ふんどしの沽券』

パンツについてこんなに考えさせられたのは初めてだ。
これは万里姐さんにしか書けまい。
この情熱!なんて人……!!

「ごめん母さん。もう何を捨てたっていい。あたし、パンツのことをもっと知りたいの……!!」

まるで演劇覚醒後の北島マヤの如きです。

だって、磔刑のときにキリストが身につけていたのはパンツなのかふんどしなのか、とか、アダムとイヴのイチジクの葉っぱはどうして落ちないのか、とかそういうことがもう大真面目に取り上げられているんだもの。
民族学的に、歴史的に、更には利便性を鑑みて様々なアプローチで迫る姐さん。

なかでも、3章を費やして書かれている生理用品に関する記述と、生理中の過ごし方に関する歴史は同じ女性としてとても興味深かった。
女子の皆さん、ここだけ読んでも面白いっすよ!

そして遂に「乗馬が先かパンツが先か」で、石器時代にまで遡るのだ。
どうやら寒さを凌ぐ目的でズボン=パンツを着用していたらしい。
よって、人間は馬に乗る事が出来、現在の発展に至る…と。

……う~~~ん。思わず唸りますな。凄いスケールの話ですよ。
たかがパンツの話。
されどパンツの話。

なんかもう感謝の念すら抱きます。


-----------------------------------------------

   いつもあなたを守っています。

               あなたのパンツより  

-----------------------------------------------


「ありがとう!紫のパンツのひと…!!」




| 米原万里 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『他諺の空似 ことわざ人類学』

この本は…なかなかしんどかった。
ブッシュ政権と、それに蜜月の関係だった小泉JAPANへの痛烈な批判。
同調する部分は勿論ある。
大いにある。
しかし、出来ない部分もある。
まぁ、これは仕方の無いところだとも思うのだが…。
私は海外生活の経験もなければ、言葉すらわからないのだし。

それにしても、自分がやってもいない事を「バカバカ」と批判されている感じでしんどかった。
だって、私あの選挙で小泉に踊らされて一票を投じるなんて愚は犯してませんもの!!

もっと痛快なだけの読み物かと軽く手にとってしまった私が甘かった。

しかし!そこは万里姐さん。それだけではないわけで。
「目糞鼻糞を笑う」の項では、名調子がいかんなく発揮されております。

ベネズエラではなんでも同じ意味で

「アルマジロはモロコイ亀を「甲羅野郎!」と言って罵る」

というそうで(爆笑)
面白いぞ、ベネズエラ。


「天は自らを助くる者を助く」というのは私の好きな言葉のひとつだけれど、ことわざって感覚はなかったなぁ。
神様(キリスト教)系の文言かと思ってた。
外国での類諺にも「神」って入っているものが多いし…。

で、やっぱりベネズエラですよ!!

「神に求めるためにはハンモックから飛び出せ」

威勢がいいですな(爆笑)
やっぱり面白いぞ、ベネズエラ。
飛び出せ、ベネズエラ!!

スワヒリの

「通るものこそ通される」

ってのは簡潔でカッコイイね。

んで、この類のことわざを遡るとフランシス・ベーコンの著にいきあたるとのことだが、そこに書かれている言葉がまた良い!

「山がマホメットの方へやって来ようとしないのならば、マホメットの方が山に向かって行くまでだ」

そうなんだよ、「動かす」んじゃなくて「動く」事が大切なんだよ。

今の日本で言い換えたら

政治が良くないと思うのならば、政権交代させるまでだ。

って感じかしら。ねぇ?



| 米原万里 | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT