ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『チェーホフを楽しむために』

演劇は好きだが、チェーホフはまだ観たことがない。
だが、演劇雑誌なんかを見てるとしょっちゅう上演している印象がある。
それもそのはず、ロシア以外の上演では日本が最多らいしいのだ。

「三姉妹」、「桜の園」、「ワーニャ伯父さん」、「かもめ」、どれもよく公演案内を目にするが食指が動かなかった。
イメージとしては、暗い時代背景のなか終幕で登場人物が希望を見出す……みたいな感じ。
どうやらそんなに間違ってもいないらしい。
ただ、なにやら「演劇通好み」という印象がプラスされた。

戯曲家として名を馳せているチェーホフだが、実のところ本業はお医者さん。
そして、沢山の短編小説を書いているらしい。
しかも出発点はお小遣い稼ぎ。
長編が重んじられる当時の風潮に、先輩から発破をかけられて悩んだりして。

短編と長編の難しさなど、作家ならではの切り込み方が本書の読みどころだ。
特に短編は著者である阿刀田氏の得意とするところ。
氏は演劇通でもある。
その阿刀田氏をもってして「むつかしい」と言わしめるチェーホフの戯曲。
原因は韜晦趣味なところにあるようだが、これが「通好み」という印象に繋がった。

短編や、残された多くの書簡からは、チェーホフのプレイボーイ的恋愛観などが読み取れるらしい。
それをユーリー・ブイチコフが戯曲化した「チェーホフ的気分」の方がなんだか面白そう。
著者はブイチコフ氏の元も訪ねている。

現在、博物館となっているチェーホフの家はヤルタにある。
ウクライナのクリミア半島だ。
当時、流刑地だったサハリン島に興味を持ち、熱心なルポルタージュを残したチェーホフ。
彼は現在のクリミア半島問題をどう思っただろうか。

私の感想が、戯曲よりもそこに着地してしまったのが、なんとも寂しい。




| 阿刀田高 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『イソップを知っていますか』

「知っていますか」シリーズの中でも「へぇ!」度が最多だった本書。

イソップ寓話は知っているけれど、イソップがどんな人物かご存知でしょうか?
口八丁の名人、しかしてその実態は!?

ギリシャの奴隷。
しかもかなーり古い。
そう、あのヘロドトスよりも古い。
そして最期は殺害されてしまったらしいとか……。

日本に伝わったのは安土桃山時代のこと。
「イソポのハブラス」「伊曾保物語」として宣教師によって持ち込まれたのだとか。

本書はその2冊を下敷きに解説されているところも特徴的。
寓話がどんな意味を持っているかも勿論だけれど、当時の日本人がどんなストーリーに出会い親しんできたか、という方に重きを置いているところが作者らしい。
寓話の中にミステリーの原型を見つけたりもして……。

本作もテンポよく、風刺も効いていて小気味良い。





| 阿刀田高 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『やさしいダンテ <神曲>』

こんなにも、こんなにも易しく解説されているのに難しい…!!

問題はベアトリーチェなんですよ。ええ。
ダンテが地獄を抜けて、憧れの君であるベアトリーチェに会う。
それまではいい。大丈夫。

しかーーーし!!!
ベアトリーチェ、会うなり怒る。
そして、語る、語る、語って語って語り倒す。
それがもう、よく分からない。
だって、怒る理由も言わないで怒るしさ。
だから同じ文章を何度も何度も読み返しながら、なんとかかんとかダンテに付いて行く。

結局は
「聖書をよ~~~~~~~~~~~~~く読みなさい」
「金にモノをいわせる悪しき教皇は、神が許しません」
ということかしら…??
いや、もっともっともーっと深いんだろうけれども…(汗)

ラストは圧巻。
旧約・新約聖書に登場するビッグネーム揃い踏みで、賑々しい事この上なし。

こんなにも日本人に分かる様に、ダンテを解説できる阿刀田氏はやっぱり凄いなぁ。



| 阿刀田高 | 19:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT