ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

≫ EDIT

『フランケンシュタイン』

Eテレで放送されている 【100分 de 名著】 を視聴していなかったら、この名作を読むことは無かったかもしれない。

視聴する前、私が『フランケンシュタイン』について知っていることは二つだけだった。
・フランケンシュタイン博士が作った怪物の話であること。
・作者が19歳の女性であること。

視聴後は、むくむくと膨れ上がる好奇心と、ある種の危機感にも似た思いですぐに本を手に取った。
読了してからは「怪物」を「AI」に置き換えていた。

作者メアリー・シェリーはSFの創始者ともいわれる。
SFとはご存知のように「サイエンス・フィクション」の略だが、本書の要は「フィクション」にある。
「サイエンス」な部分は「生命を人工的に作る」という一点しかなく、多くは描かれない。

物語の骨子は「怪物」と「創造主」の対立である。


ヴィクター・フランケンシュタインは、美しい景色のなか、優しい人達に囲まれて育った。
アルプスの豊かな自然に触れながら、興味は次第に形而上学的なもの、生命の神秘に向かっていく。
夢中で学び、夢中で作りあげた「ひとつの生命」。

「美しく作ったはず」の生命が、片目を開け息をした瞬間、「おぞましいもの」へと変わる。
驚き、戦慄した創造主がとった行動はこうだ。

おぞましいから逃げる。
作ったのが間違いだったので捨てる。
捨てたから忘れて暮らす。

あまりにも無責任で残酷な仕打ち。
その残酷さを、ヴィクター・フランケンシュタインは最後の最期まで理解しない。
気付かない。
思いもしない。
「わたしの敵」と言い捨てる。

その上、怪物のことを思い出しては自らを憐れむ始末。
冤罪で死刑になる親しい人を前にして「自分の方が傷ついている。憐れなのは自分の方だ」と嘆くのだ。
そんな恐ろしい心の創造主に対して、シルクのように美しい怪物の心。

知的で繊細、自然を愛でる豊かな感情を持った「生命」が、容貌の醜さだけで「怪物」としか認識されない哀しさ。
誰からも「心」に触れてもらえない淋しさ。
完全なる孤独。

傷付いた怪物の「どこかで静かに暮らしたい」という願いさえ、最悪の形で裏切るフランケンシュタイン。
責任を全うするチャンスは何度もあったのに、その責任の取り方すら間違えている。


美しい文体が流れるように入ってくるが、一気に読むことはとても出来なかった。
あまりにも怪物がかわいそうで、時々、本を置いて気分を変えなければならなかったから。

ヴィクターに対しては「お前こそ本当の怪物だ!!」という怒りが込み上げる。

だが、何も知らない人々の、怪物に対する気持ちは分かる。

怪物のような外見をした者を、恐ろしいと忌避する偏見の気持ちが、私のなかにもある事を認めなくてはならない。
実際、その恐ろしいと感じる存在が、突然自分の大切な人の手をとったら振り払うだろう。
その大切な人が、力の弱い守るべき者であった場合、振り払い方は過剰になってしまうだろう。


番組内で語られ尽くした感があるが、一つだけ加えるとしたら、彼が「美しさ」しか知らずに育ったことではないだろうか。
ヴィクター・フランケンシュタインは、美しい景色のなか、優しい人達に囲まれて育った。
そのあたりに問題の根っこがあるように思えてならない。

天国で育った人間が、天使になるとは限らない。







「100分 de 名著/フランケンシュタイン」




| SF | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『輪廻の蛇』

ハインラインお得意の、パラドックスもの。
心地良いノスタルジーに浸れるもの。
不思議で心が温まる物語。
そして、ちょっと怖い話……。

色々な「味」が楽しめる短編集だ。


「ジョナサン・ホーグ氏の不愉快な職業」
「象を売る男」
「輪廻の蛇」
「かれら」
「わが美しき町」
「歪んだ家」



どの物語にどんな「味つけ」があるのかはネタバレになるので止めておこうと思う。

私のイチオシは 「わが美しき町」
ああ、好きだな~。ハインラインだな~、と思う。

「輪廻の蛇」 のジェットコースターのような勢いも楽しい!

……さて、あなたはどの「味」がお好き?






| ロバート・A・ハインライン | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『天の光はすべて星』

なんて素敵なタイトル!
そう思って手に取ったけれど、そこはフレドリック・ブラウン。
人間くさい。
そこがまた愛おしいのだけれど。


主人公、マックス・アンドルーズは宇宙に魅せられた“星屑”だ。
“星屑”は宇宙に虜になった天文ファンの呼称。

しかし、宇宙はいつも金食い虫。
その上、多くの人々は宇宙開発に興味を失っていた。
宇宙に行ってどうなる?
もう探査したじゃないか、と。

そこに「木星にロケットを飛ばす」という公約を引っ提げて上院議員に立候補したエレン・ギャラハーが登場する。
当選確率は、ほぼゼロ。

しかし、57歳のマックスにとっては宇宙に行くラストチャンスの到来だ。
さっそくコンタクトをとって、ありとあらゆる手を尽くす。
合法、違法、年の功。

マックスにとって宇宙は全てだった。
若い頃に片足を金星で失ってからも。

「木星」を目標に力を尽くす過程で得た愛情。
理解者からの厚い友情。
マックスを木星に!
悲願に向かって進む様子はテンポ良く、楽しい。

そして、辿り着く「結末」……。
ロケットは木星へ向かって飛び立つ。

心にジンと染みる想いと共に本を閉じた。






| SF | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『壜の中の手記』

“不思議”には、ジャングルがよく似合う。
湿気を含んだ空気。
惑わせるような草花や果実の香り。
同時に、遠い海から流れ着いたボトル・メッセージを読むような感覚もある。

本書は、いわば“瓶詰めの”12編。

「豚の島の女王」
「黄金の河」
「ねじくれた骨」
「凍れる美女」
「骨のない人間」
「壜の中の手記」
「ブライトンの怪物」
「破滅の種子」
「壁のない部屋で」
「時計収集家の王」
「狂える花」
「死こそわが同志」


歪んだ愛と不実な自由に狂わされる、可哀そうなラルエット。

アマゾン河で黄金を手にした男の奇妙奇天烈な身の上話。

ジャングルの奥に潜む“生物”の恐るべき正体。

ある実在の作家が壜の中に書き残した手記。


……と、いくつか断片だけを書いてみる。
これ以上書くと読む時に勿体ないもの。
面白い話って、誰かにしたくなっちゃったりするでしょ?

ある処にオショコショっていう……があってね……。
怪物が……なんだけど……途中でたぶん……。
ホラ、やっぱりダメダメ。危ない危ない。

「不思議な話」好きさんに、是非読んでいただきたい一冊である。






| ファンタジー・幻想 | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『レックス・ムンディ』

う~ん、惜しいっ!
厚みが足りない!

いや、本の厚みじゃなくて登場人物の造形が。
主人公だけでももう少し厚みを持たせてくれたら、もっと迫力があったと思う。
トリビアが楽しくて読み進めるけれど、登場人物の行動理念が薄っぺらいので緊迫しても「お、おう」で終わってしまう。

本書のキイワードは「夏至」だ。
太陽のパワーが一番強い日。
太古の昔から再生の象徴として崇拝されてきた日。

そして、世界中に散らばるかに見える古代遺跡群を一直線上に結ぶことが出来るという「レイライン説」。
読者は文字と行、行間というラインを辿りながらレイラインの不思議を辿る。

Rex Mundi
ラテン語で「世界の王」

「王」とは誰を指すのか。

ニコラ・プッサンが描いた「アルカディアの羊飼たち(アルカディアの牧人たち)」。
プッサンがアルカディアとして描いた、フランスのレンヌ=ル=シャトー。
そこにかくされていた「モノ」とは……。

再読なので前より知識ついたしなぁ、読み逃してる部分があったのかもしれないなぁ、と思ったのだがそうでもなかった。
ただ、夏至の日に読んだので楽しかった。

世界の古代遺跡で今日、こんなに凄い事が起ってるんだ……!
そう思うだけでドキドキした。

こういう楽しみ方は再読ならでは。
そういう意味では面白かった。



The_shepherds_of_arcadia
「アルカディアの牧人たち」 ニコラ・プッサン (ルーヴル美術館)






【蛇足】
アルカディアという単語から「アンジェリーク」を連想してしまう。
スーファミからPS2までよく遊んだなぁ。
宇宙の危機そっちのけでデートに明け暮れるってマジ半端ないって。

| 国内 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT