ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

≫ EDIT

読ませていただき光栄です ~サン・ジョルディの日2022

4月23日は、ユネスコにも登録されている「世界本の日」。
親しい人と本を贈り合う サン・ジョルディの日
毎年、いつものレビューとは少し趣きを変えて、お贈りする代わりに一冊ご紹介しています。
2022年はこちら!


皆川博子
『開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― 』

DilatedToMeetYou


この本ね、すっごいの。
何がって、引き込む力が凄い。

舞台は18世紀のロンドン。
法整備もままならず、確かな医療も確立しておらず、外科医といったら床屋と同義語。
「医者」というのは内科医のこと。
治安も悪く、コネも賄賂もなければ被害者は加害者になり、あげく労働力として新大陸アメリカに送られてしまう。
衛生面も悪い。

「住みたくない街・ナンバー1」と現代日本人のワタクシに思わせる場所に、田舎から出てきたネイサン・カレン君。
詩人になりたいという夢を抱いた若者と、華麗なご令嬢が出会って……。
ハラハラしますね。見てられないね。
しかし、危なっかしい彼は幸運にも心強い友を得る。

それが、自称“バートンズ”こと解剖医の弟子たち。
外科医のダニエル・バートンは「人体の構造が分かれば救える命が増える」という信念のもと、私的解剖教室を開いていた。

遺体に触れる解剖医に「事件ファイル」はつきもので、実在した盲目の判事、ジョン・フィールディングも加わって事態は大きく動いていく。
どうかどうか、これ以上悪い方向に進みませんように……!
そんな祈りと共に一気に読んでしまった。

一気に読んでしまう本に出会うことはあるけれど、ここからが凄いところ。

本を置いて「さて、コンビニに行くか」と、自分のスニーカーと舗装されたいつもの道路に目を落としながら十歩ほど歩き……。

「あれっ!?今って18世紀じゃないんだ?あ、ここはロンドンじゃなかったっけ」

これ、ホントに思ったんです。
本の余韻に浸るのとはレベルが違う。
だって、靴、履いてるんですよ?革靴じゃなくてスニーカー。
コンビニスイーツ食べたい、とか思ってるわけですよ。
しかも、外に出て歩いてる。

これだけの動作をしてもなお、「18世紀のロンドンに居る」と頭のどこかで思ってたんです!

んなこなたぁない。
そうおっしゃるのも無理はありません。
だって、私が一番、驚いたんだもの!

ね?凄いでしょう!!
虚実を織り交ぜる作者の筆力、登場人物の生活感。
それに取り込まれてしまうマジックを、是非とも味わっていただきたい!


毎日、現実を受け止めきれないニュースが続きます。
今年は特に夢中になれる本を。それも、タイムトリップできる本を選びました。
ミステリの性質上、殺人事件は起こります。
それでも、「現実と向き合おう」「より良い未来の為に頑張ろう」という登場人物たち。
平易なことばですが、今、とても必要とされることのように思います。

最後に一言。
「読んでいただき光栄です」





続編も一気に読むのがオススメ。

特に『アルモニカ・ディアボリカ』は読みましょう!


 

| サン・ジョルディの日 | 04:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『罪深き緑の夏』

「美しさ」とはなんだろう、と思わず考えてしまう。

淳は12歳の夏、「美しさ」と出会った。
蔦が絡みつく洋館、蔦屋敷に住む美少女、百合。

二つの塔がある、まるでお城のような蔦屋敷から現れた百合は、淳に「いばら姫」を連想させた。
百合の傲慢で冷徹な態度に驚きながらも惹かれた淳。

二度目の出会いは、その12年後。
やはり美しい百合。
しかし、再会した百合は事故に遭い「眠り姫」のように横たわった姿だった。

事故を起こしたのは、百合の許嫁であり淳の異母兄である太郎。
太郎は、平凡な容姿の淳と違い、王子のように「美しい」。

まるで物語の王子と姫のような二人に、何があったのか。
年の離れた許嫁。
それだけではないらしい。

そして、蔦屋敷の当主であり百合の兄の翔。
太郎の友人で、まるで堕天使ルシファーを思わせる「美しさ」。

これは「美しさ」に翻弄された人たちの物語だ。

淳、太郎、翔。
それぞれに共通するものは「美しさへの探求心」だろう。
淳と太郎は画家であり、翔は作家なのである。

次々と降りかかる災難。
それはやがて事件の様相を帯びてくる。
読み進むうちに明らかになる事実には、蔦のように絡みつく「想い」がある。

服部まゆみ作品特有の夢の中に居るような感覚が、本作にも満ちている。
時間を忘れて読み耽っては、夢の内容をなぞる。

なぞりながら「美しさ」とはなんだろう、と思う。

全ての中心になる蔦屋敷。
物語の終りを告げる一文に、ゾクッとした。



| 服部まゆみ | 16:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『恐竜まみれ -発掘現場は今日も命がけ』 

北海道のむかわ町で発掘された「カムイサウルス」や、謎に包まれていた「デイノケイルス」の発掘、解明などで知られる、小林快次教授の発掘記。
フィールド調査の様子が素人にも分かりやすく、面白い。
臨場感たっぷりだ。
恐竜の名前がでてくる度に、その姿を思い出しては、昔もっていた「恐竜大好き少女」の自分まで発掘されたような気分になった。

まず、グリズリーと対峙する冒頭からもっていかれる。
恐竜を発掘するということは、大自然のなかに身を置くこと。
命の危険があること。
それが冒頭の数ページで、頭の中に叩き込まれる。


……命のキケン……。
嫌だ!
えーい、逃げよう!!
ということで、まずは安全な国立科学博物館「恐竜博2019」で撮ってきた写真をご紹介。

【カムイサウルス】
kamuy

【デイノケイルス】
nico


うわっ。ちょ。えーすごいんだけど!!
えー、これ肉食じゃないんだ。すごいすごいすごい。
骨、太っ!!
でっか!!
全部でてくるとかマジで。えー、すっごい。


私が「サトラレ」であったなら、もの凄くうるさかったと思う。
しかも語彙がない。
このデカブツを発掘しなさったのが、小林先生なのである!
ほらね、語彙とテンションが狂う。
それくらい「凄い」のだ。


さて、本書に戻って、アラスカ、カナダのバッドランド、そして、モンゴルのゴビ砂漠に移動しよう。
発掘するのは専門家だけではなく、現地スタッフの協力が大きいというのも改めて知った。
知った、というか「実感した」に近い。

特にモンゴル人スタッフのタフさと「出来そうもないことをどうにかする」発想力。
重さ2トンのジャケット(化石を石膏で包んだ物)を動かすには、彼らの知恵なくしては成しえなかったのだ。
なんだか、生命力にあふれた一冊のようにも思える。

まず、恐竜が生きていて生命を終える。
そして運よく化石になり、発見される。
人間の知恵と労力で運ばれ、研究が進んで展示される。

小林教授は、その推理力と想像力で、現代と恐竜が繁栄していた時代を同時に見ている。
博物館という場所は時の流れをも展示しているのだろう。
あの「カムイサウルス」と書かれたプレートに、どれだけの時間が凝縮されていることか。
次に化石を見る時は、“生き物”として感じてみたい。


ただし逆に、どんな化石にも共通することは、ただの“石”にすぎないということだ。

そのなかで私たち研究者の仕事は、いかにその化石の持つものを引き出せるかだ。それは粘りに粘るということではなく、誰も見ていない視点で目の前の化石を見られるか。固定観念に縛られないで、いろんな可能性を見ながら、化石が語ろうとしている声に耳を傾けること。


“生き物”として見る為の、化石の声の聴き方の一端を教わったような気がする。

「本まみれ」の私としては 『星を継ぐもの』 の石ころが、ちらりと胸をよぎった。



| エッセイ | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ミスター・マーダー』

クーンツは登場人物を日常から叩き落とす。
無情に、無残に。

今回はその無情さに言葉を失う。
『ウィスパーズ』 とも少し違う。

Mr.Murder

それは一体誰なのか。
「何」なのか。
ゆっくりと明らかになっていく「怪物」の正体。
しかし、明らかになっても主人公一家に降りかかった災厄がどうにかなるわけではない。

読み進むうち、読者はイマジネーションのなかで、更に恐ろしい事態を考えるようになる。
次はどう来る?
こうなってしまったらどうしよう!
どんどん悪い方向に想像力が誘導される。

特に下巻の、追う者と追われる者との視点の交換は白眉だ。
あの、息をもつかせない面白さと怖さ!
この部分だけでも読む価値は十二分にあると思う。

映像とは違う、読書ならではの感覚。
作者と読者が「本」という媒体を通して「想像力の対決」をしているような……。
クーンツの面白さは、そこのところにあるような気がする。



| ディーン・R・クーンツ | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『改造版 少年アリス』

装丁が素敵!
著者の手による飾り文字が素敵!
少年アリス、友達の蜜蜂、犬の耳丸。
登場する名前が素敵!!

睡蓮のひらく音がする月夜だった。

こんな書き出しで始まる本が、素敵でないはずがないではないか。

王道ファンタジーなのだけれど、「ファンタジー」と書くのは少し雰囲気にそぐわない気がする。
「ファンタジイ」とか「幻想」とか。
宮沢賢治の世界観に近いのだ。

本という世界の中で「アリス」という名を与えられた者は、少女であれ少年であれ、一人さ迷う運命を負う。
少年アリスが迷い込んだ夜の学校は「死」がすぐ隣に存在していて少し怖い。

でも、アリスには、友達の蜜蜂も、頼りになる耳丸もいるから心強い。

「アリスをさがしに行こう。」
耳丸に声をかけ、蜜蜂はもう一度校舎へ向かってあるきだした。


とろり、としたハチミツみたいな文体に、うっとりせずにはいられない。

読了後、少しぼんやりとした。
心地よい夢から醒めた朝、ぼんやりしながら夢の内容を思い出す。
そんな感じに似ているからだった。



| ファンタジー・幻想 | 01:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT